ランナーズBlog

ランナーのための栄養学およびサイエンス

多くのランナーは心臓のケアを怠っている? 心臓に必要な栄養素とは

2018.5.20

 

こんにちは。

  

ラソン選手は心拍数が低いとよく言われていますが、あれほど過酷なトレーニングを行っているのに、心臓がバクバク言わないのはなぜでしょうか?

 

それは、スポーツ心臓と呼ばれる心臓になっているからかもしれません。

 

スポーツ心臓とは安静時の心拍数が正常の基準値を大きく下回る心臓のことで、一般成人でいえば、一般成人基準値50~90回/分を大きく下回る40~50回/分などの数値になるようです。

(元マラソン選手の高橋尚子さんは心拍数が30台だったそうです。)

 

しかし、スポーツ心臓になるためにもマラソン選手は過酷なトレーニングにプラスして心臓のケアがちゃんと行われ、十分な栄養が心臓にまでいきわっているからだと思われます。

 

みなさんはランナーにとって大切な心臓をきちんとケアしてますか?心臓に必要な栄養を十分に補給できていますか?

 

心臓は、全身に血液を送り出すために絶えず活動しています。その活動のエネルギー源となっているのが、コエンザイムQ10CoQ10という栄養素です。

 

本日はそんなCoQ10についてのお話です。

 

 

コエンザイムQ10CoQ10)とは 

CoQ10は、エネルギーをつくる場所である細胞のミトコンドリアに約50%、核に約30%、小胞体に約20%分布します。

心臓、特に心筋の膜や腎臓、脾臓などミトコンドリアがたくさん存在する場所に多く存在します。

そういうわけで心臓疾患の治療にCoQ10が使われることもあります。

 

体内では20歳頃をピークに、加齢と共に減少します。

不足すると、ミトコンドリアが最も多く存在する心臓のエネルギーが弱まり、心臓のポンプ機能が疲労します。

すると血液を送り出す力(心拍出量)が弱まり、1回の拍動で押し出される血液量が減るため、血液が抹消まで行き届かず、手足の先が冷えたり、脚がむくんだりなど、様々な症状が出現することになります。

年を取ると、走ると息切れをするという話をよく耳にしますが、それもCoQ10の体内含有量減少が原因かもしれません。

 

f:id:Arato003:20180520161446p:plain

 

 

また、CoQ10は細胞を活性酸素による酸化から守る働きもあります。

老化を早めたり、様々な疾患を引き起こす原因と考えられているのが、細胞膜の酸化です。

その酸化の引き金となるのが、活性酸素(フリーラジカル)です。

CoQ10はそれらを無害化したり、酸化された物質を分解して細胞のダメージを修復したりします。

抗酸化物質には、よく知られているものにビタミンE、ビタミンC、カロチノイド、ポリフェノール、グルタチオン等がありますが、CoQ10は最も重要な抗酸化物質の一つです。

 

細胞の中で特に酸化されやすいのが、細胞膜の主成分である脂質です。

CoQ10は、脂質の酸化を防いでいる重要な物質であるビタミンEに作用し、抗酸化力を強化します。

しかもCoQ10がなくなると、ビタミンEがあっても脂質の酸化作用は抑制できないことがわかっています。

つまり、CoQ10はビタミンEの酸化を抑制する作用と、脂質過酸化物の酸化反応を抑制する、二つの働きがあるのです。

ビタミンEやビタミンCがなくなるより先にCoQ10がなくなるわけですから、ビタミンEやビタミンCの欠乏が見られたら、すでにCoQ10は体内にほとんどない、と思ってください。

 

 

CoQ10は食品から補うのは難しい?

CoQ10は体内で作られますが、CoQ10の消費が著しいランナーのみなさんは、サプリメントのような形で積極的に補給することが望ましいとされています。

 

食物から摂れる量は1日10㎎程度ですが、健康維持に必要な量は100㎎以上と考えられてます。

イワシなら20匹以上食べなければなりませんから、やはりサプリメントを効果的に利用するのが賢明です。

 

 f:id:Arato003:20180520161904p:plain

 

 

CoQ10はいつ摂るのがいいか?

では、いつ摂るのか?

CoQ10脂溶性のため、吸収されやすい食後に摂るのがベストです。

1日1回より2~3回に分けてこまめに摂るのが良いです。

より効果的にエネルギー産生を高めるには、ビタミンB群と併用すると良いでしょう。

  

 

CoQ10はランナーに不可欠

ハードなトレーニングによって筋繊維から栄養が漏れたり、呼吸によって体内に活性酸素が大量に発生したりします。

特にランナーは普通の人より大量に呼吸しますから、活性酸素の発生も多くなるのです。

そこでCoQ10の補給による抗酸化は欠かせなくなります。

またパフォーマンス向上や持久力の持続には、心臓の疲労を抑えるためにエネルギー代謝を促進するCoQ10をぜひ摂りたいですね。

 

 

ランナーのみなさんは日頃の練習にプラスして心臓のエネルギー源となるCoQ10を摂ることにより、衰えにくくて強い心臓をつくっていきましょう。

 

 

本日は以上です。

ありがとうございました。

 

ちなみに僕自身が愛用しているCoQ10です↓(^ ^ ;)

 

【コエンザイムQ10】

 

 

参考文献

(1)Sojaa A.M.& Mortensen S.A. (1997) Mol Asp of Med. 18 (s159-s168)

(2)Gaby A.R. (1996) Alt Med Rev. 1 (3) 168-175

(3)Kalen A, et al, Lipids 24(7), 579-584 (1989)

(4)Kamei et al, Internat J. Vit. Nutr. Res 56 (1986) 57-63

(5) 健康カガク・ラボ https://www.knk-lab.jp/index.html

 

 

 

暑さの中でのランニング

2018.5.13

 

 

こんばんは。

 

季節は徐々に夏にむかい、これから暑くなっていきますね。

暑さはランナーにとってつらい環境条件のひとつですよね。

 

本日は、暑さとランニングについてのお話です。

 

f:id:Arato003:20180513180601p:plain

 

 

夏場のランニングは、高温多湿に適応、対処しなくてはならない状況に陥り、

ちゃんとした対応ができなければ苦しいめに遭い、命にさえ関わる結果になりかねません。

 

ランニングは体温を上げるので、高体温症という危険な過熱状態を防ぐために、

生じた熱を冷まさなくてはなりません。

 

熱を冷ます第一の方法が発汗ですが、環境条件が高温である場合、

または空気中の水分(いわゆる湿度)のせいで汗が効率的に蒸発しない場合は、

あまり効果がありません。

 

こういう環境に対抗するために、体は高温になった血液の熱をいくらかでも外部に発散させようと、無意識のうちに血液の流れを体幹筋から皮膚へ向けるのです。

これを行いながらも、エネルギー産生を助けるために筋肉にも血液を送る必要があるので、心拍数を上げなくてはなりません。

そのため、高温多湿の環境ではランニングがずっとつらく感じられ、実際に体に負担をかけているのです

 

多くのエリートランナーは、暖かい環境に移ってトレーニングをするあいだに高温に適応したり、最先端の高温室を使って高温多湿に順応したりするそうです。

こういう方法は大多数の市民ランナーにとっては現実的ではないですが、

高温多湿のランニングに備えるために、自分で簡単な対策を講じることはできるのです。

 

高温多湿の状況で行われる可能性のあるレースに備えるための、簡単かつ低コストな方法が、厚着によってそういう気候をごく小規模に再現する方法です。

外部が高温多湿でなくとも、衣類と肌のあいだの気候はそうなるのです。

この方法によって通常は不可能な高温で湿度の高い環境が生まれ、

その結果、高温多湿の環境でのランニングに体が適応し始めるのです。

 

重要なレース、あるいは高温多湿になりそうなレースへの準備期間は、

厚着をしてのトレーニングは実際に有益となるのです。

 

暑熱順化(徐々に体を暑さに順応させること)を行っておけば、

気温のストレスが低い環境では走るのが楽に感じられるのです。

 

f:id:Arato003:20180513180640p:plain

 

 ランナーのみなさんも無理がない程度に厚着でのランニングを試してみるのもいいかもしれませんね。

それにより暑さに強い体へとシフトし、暑い夏をのりきりましょう^^

 

 

 本日は以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

参考文献

ランニング・サイエンス

ジョン・ブルーワー/菅 しおり 河出書房新社 2017年10月20日

 

ストレッチはパフォーマンスを向上させ、けがを予防するのか?

2018.5.7

 

 

こんばんは。

 

ランナーのみなさんはランニング前もしくはランニング後にストレッチはしていますか?

僕はランニング前はストレッチはせずランニング後にストレッチを必ず行っています。

 

本日はそんなランニングとストレッチに関するお話です。

 

f:id:Arato003:20180507173925p:plain

 

ストレッチはこれまでずっとランナーの練習の構成要素と認められており、やらないと痛い目にあうと唱えられていました。

ランニングメニューに先立って何をするにせよ、パフォーマンスを向上させるか、けがを減らす、またはその両方の効果があるべきなのですが、ストレッチの効能についての研究は、有益性に関して相反する結果を示し、ストレッチにはほんとうに時間を費やす価値があるのか、という疑問を投げかけています

 

そもそもラニングには通常、びっくりするほどの柔軟性による離れわざなど必要ないのです。

従来の静的ストレッチ(筋肉を伸ばしたまま静止した状態を約45秒間以上保つこと)をトレーニングの直前に行うと、筋力や筋パワー(瞬時に大きな力を発揮する能力)を低下させるという一連の証拠があります(1, 2)

したがって、パフォーマンスに好ましくない影響があり、けがのリスクを高めるかもしれないとまで言われています(3, 4, 5)。

とはいえ、そういう研究での各運動の長さや回数は、概して一般に行われているものを超えていたので(6)、標準的なストレッチを再現するような、さらなる研究が求められています。

 

運動前は動的ストレッチのほうがよい効果を生むので、スポーツ前の望ましいストレッチ法として導入されてきました

動的ストレッチは、ランニングのあいだに行う動作を模したもので、例えば脚を前後に踏み出す運動であるランジ、他にもスキップやバウンディングなどの跳躍運動などが挙げられます。

このタイプのストレッチなら、パフォーマンスに逆効果だったり、けがのリスクを生じさせたりはしないようですが、けがの予防やパフォーマンスの強化に有利かどうかは明らかになっていないのです(7, 8)。

動的ストレッチを伴った、特定のスポーツ向けの綿密なウォームアップには、けがのリスクを減らす効果があるという証拠は存在するとはいえ、そういう効果がウォームアップによるものか、動的ストレッチを取り入れたからなのかは定かではないのです(9, 10)。

 

それでも静的ストレッチには潜在的な役割があるのです。トレーニングの一部として長期的に行うと、パフォーマンスのなかでも特に筋力と走るスピードにプラスの効果をもたらすかもしれないとの報告があるのです(11)

また、エリート選手の場合、軟部組織の損傷が続く可能性を、静的ストレッチによってわずかに減らせることを示す証拠もあります(12)。

もし筋肉に短縮と緊張という機能上のバランス異常が生じたことから、すでに軟部組織の損傷がある場合は、ストレッチは関節の可動域を広げて、筋肉の緊張を解くことで動作の制御を回復させるので、有効と立証されています(13, 14)。

 

f:id:Arato003:20180507175337p:plain

 

つまり、結論として、ストレッチをランニング前に行うのなら動的ストレッチ、ランニング後は静的ストレッチを行うほうが望ましいと思われます

 

ストレッチに関して研究でまだ明らかでない部分も多いようですが、ランナーのみなさんは自分に合ったストレッチ法をみつけてみてはどうでしょうか。

 

 

本日は以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

参考文献

 (1) Malachy P. Hugh and C.H.Cosgrave, “To Stretch or Not to Stretch: The Role of Stretching in Injury Prevention and Performance” Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports 20 no.2 (April 2010): 169-181.

 

(2) L.Simic,N.Sarabon and Goran Markovic, “Does Pre-Exercise Static Stretching Inhibit Maximal Muscular Perfomance? A Meta-Analytical Review” Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports 23 no.2 (March 2013): 131-148

  

(3) Ian Shrier, “Stetching Before Exercise Does Not Reduse the Risk of Local Muscle Injury: A Critical Review of the Clinical and Basic Science Literature” Clinical Journal of Sport Medicine 9 no.4 (November 1999): 191-251.

 

(4) S.M.Weldon and R.H.Hill, “The  Efficacy of Stretching for Prevention of Exercise Related Injury: A Systematic Review of the Literature” Manual Therapy 8 no.3 (September 2003): 141-150.

 

(5) W.E.Garrett Jr. “Muscle Strain Injuries” The American Journal of Sports Medicine 24 no. S2 (1996): S2-S8.

 

(6) Rubini et al. “The Effects of Stretching on Strength Performance.”

 

(7) Hugh et al. “To Stretch or Not to Stretch: The Role of Stretching in Injury Prevention and Performance.”

 

(8) Simic et al. “Does Pre-Exercise Static Stretching Inhibit Maximal Muscular Performance? A Meta-Analytical Review.”

  

(9) Stephen B. Thacker, Julie Gilchrist, Donna F. Stroup, and C. Dexter Kimsey Jr. “The Impact of Stretching on Sports Injury Risk: A Systematic Review of the Literature” Medicine & Science in Sports & Exercise 36 no.3 (March 2004): 371-378.

 

(10) Timonthy E. Hewitt, Thomas N. Lindenfelld, Jennifer V. Riccobene, and Frank R. Noyes, “The Effects of Neuromuscular Training on the Incidence of Knee Injury in Female Athletes.” The American Journal of Sports Medicine 27 no.6 (November 1999):699-704.

 

(11) Nicholas Caplan, Rebecca Rogers, Micheal K. Parr, and Phillip R. Hayes, “The Effect of Proprioceptive Neuromuscular Facilitation and Static Stretch Training on Running Mechanics” The Journal of Strength & Conditioning Research 23 no.4 (July 2009): 1175-1180.

 

(12) Katie Small, Lars Mc Naughton, and Martyn M Matthews, “A Systematic Review into the Efficacy of Static Stretching as Part of a Warm-up for the Prevention of Exercise-Related Injury” Research in Sports Medicine 16 no.3 (2008): 213-231.

 

(13) Phil Page, “Current Concepts in Muscle Stretching for Exercise and Rehabilitation” International Journal of Sports Physical Therapy 7 no.1 (February 2012): 109-119.

 

(14) C.A.Smith, “The Warm-up Procedure: To Stretch or Not to Stretch. A Brief Review” The Journal of Orthopaedic and Sports Physical Therapy 19 no.1 (January 1994):12-17.

 

 

 

 

 

 

ランニング中に音楽を聴くとパフォーマンスが向上する?

2018.5.1

 

こんばんは。

 

ランナーのみなさんは、ランニング中に音楽を聴いてますか?

僕は毎回自分が好きな音楽を聴きながらランニングしてます ^ ^

 

今回はそんな音楽とランニングについてのお話です。

 

音楽は人の精神に強い影響を与えるといわれています

技術が進歩したおかげで、ランニング中に音楽を聴くランナーの数は急激に増えています。

どんなタイプの音楽が一番やる気を起こさせるのかを、数多くの研究が探ろうとしてきました。

例えば1990年代からロンドンのブルネル大学のコスタス・カラジョージス博士が、この問題についての幅広い調査を行ってきました(1)。

そして何百もの研究から、やる気を高める音楽を選ぶときに非常に役立つ理論を構築し、磨き上げてきました。

 

カラジョージス博士の理論は、音楽に関係する特定の要因を大きくふたつに分類しています。

ひとつはリズムやハーモニー、歌詞の意味などの内在的な要因。

もうひとつが文化、年齢、その曲との個人的な関係など、その曲の外部にありながらも、曲と密接に関わっている要因です。

博士の研究チームはこのふたつを念頭に置きながら、さまざまな曲の“やる気指数”を評価できる尺度を開発しました。

このやる気指数が高いほど、人はその歌にやる気を覚えるそうです。

チームの研究の成果から、4/4拍子の速いテンポの、気分を高揚させる歌詞の曲のほうがやる気指数が高いという、大まかな原則が浮かび上がったというのです。

 

もちろん、音楽の好みはさまざまなので、誰かのやる気を引き出す曲がほかの人のやる気も引き出すとは限らないのです(2)。

個人の選択には文化、年齢、過去の経験などが介在し、人格形成期の個人的な思い入れのある曲には、やる気を大きく引き出す効果があります。

 

やる気を起こさせる音楽は覚醒度を高めやすく、人をより興奮させ、活力を覚えさせます

これに対し、鎮静作用のある音楽は覚醒度を下げて、穏やかな気持ちにさせるのです

パフォーマンス向上戦略としての音楽の有効性で大事なのは、自分の望む感情(例えば、緊張や興奮のみなぎった状態なのか、穏やかで落ち着いた状態なのか)をはっきりさせて、その状態に合う適切な音楽を選ぶことです。

そういうふうに使えば、音楽はパフォーマンスに適した心理状態になるうえで、有用な手段になることがわかっているのです。

 

f:id:Arato003:20180501001930p:plain

 

普段ランニング中に音楽を聴かないランナーの方も一度は音楽を聴きながら走ってみるのもいいかもしれないですね。

そして、自分に最適な音楽を探してみてくださいね。

より良いパフォーマンスの向上が期待できるはずです。

 

 

 

本日は以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

参考文献

(1) Costas I. Karageorghis, Peter C. Terry, Andrew M. Lane, Daniel T. Bishop, and David Priest, “The BASES Expert Statement on Use of Music in Execise” Journal of Sports Sciences 30 no. 9 (May 2012): 953-956.

 

(2) Costas Karageorghis, David Priest, Peter Terry, Nikos Chatzisarantis, and Andrew Lane, “Redesign and Initial Validation of an Instrument to Assess the Motivational Qualities of Music in Exercise: The Brunel Music Rating Inventory-2” Journal of Sports Sciences 24 no. 8 (August 2006): 899-909.

 

 

 

 

 

トレーニング後の疲労回復にファストフードは効果的⁉

2018.4.21

 

こんにちは。

 

ランナーのみなさんは食事には気をつけていると思います。

しかし、たまには健康にはあまりよくないと思われがちなファストフードも食べたくなることもあるのではないでしょうか。

 

そんなランナーみなさんに朗報です。

ハンバーガーやフライはトレーニング後の疲労回復に有効かもしれない、という研究報告があります。

 

f:id:Arato003:20180421173837p:plain

 

ブレント・ルビイらの研究チームは、トレーニング後にゲータレードやパワーバーのようなスポーツサプリメントの代わりにファストフードを食べても、グリコーゲン回復には有意な差異がみられないことを発見したのです。

 

研究チームは、11名の男性サイクリストを対象に2つの実験を実施しました。各々のトライアルは90分のグリコーゲンを枯渇させるサイクリングとその後4時間の回復期から構成されていました。

サイクリング直後と2時間後に飲食物が提供され、1つはファストフードで、ハンバーガー、フレンチフライ、ハッシュドポテトなどを。もう1つはスポーツサプリメントでした。

 

4時間後、対象者は20㎞のタイムトライアルに挑戦しました。

研究チームは筋生検と採血を行い種々の測定を行った結果、グリコーゲン回復は、どちらの食事でも差がないことを発見したのです。

タイムトライアルにおいてもどちらの群にはパフォーマンスに差がみられなかったのです。

要するに、ゲータレードやパワーバーのようなスポーツサプリメントを摂取しようが、ファーストフードを摂取しようが、どちらでもグリコーゲンは同じ程度回復するということです。 

 

 

しかし、ルビイは次のように言っています。

「我々は研究参加者に、少量のファストフードを提供しただけで、決してスーパーサイズを与えてはいなかった。我々の結果のカギになるのは、適正なサイズということである。」

 

つまり、トレーニング後ならハンバーガーやフライなどをドカ食いしてよいというわけではないということです。

適量」ということが重要であり、食べ過ぎないよう注意が必要です

  

f:id:Arato003:20180421180745p:plain

 

なので、適量であればトレーニング後に糖質の補給としてファストフードで置き換えてみるのもいいのかもしれないですね。

 

 

本日は以上になります。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 参考文献

Michael J. Cramer, Charles L. Dumke, Walter S. Hailes, John S. Cuddy, Brent C. Ruby. Postexerise Glycogen Recovery and Exercise Performance is Not Significantly Different Between Fast Food and Sport Supplements. International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism. (2015)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低炭水化物食により脂肪燃焼能力が高まる

2018.4.14

 

 

こんばんは。

 

みなさんは食事をとる際、三大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質)のバランスを気にされていますか?

食事における三大栄養素の割合(エネルギー構成比)の理想は、炭水化物50~65%、脂質20~30%、たんぱく質13~20%となっています。

 

最小限の炭水化物に制限した食事で脂肪をエネルギーとして使う能力が高まることが研究により知られていますので、今回はそのことについてお話します。

 

その研究では、低炭水化物食の選手は最大負荷運動時および長時間運動時に、高炭水化物食の選手に比べ、2倍の脂肪を燃焼したといわれています

 

この研究での低炭水化物食とは炭水化物10%、たんぱく質19%、脂肪70%の割合で、高炭水化物食は炭水化物59%、たんぱく質14%、脂肪25%の割合です。

 

選手は、年齢、能力、トレーニング力、最大酸素容量はほぼ同じであり、低炭水化物食の選手10人、高炭水化物食の選手10人を調べたものです。

その結果、最大脂肪燃焼率の平均値について、低炭水化物食の選手(毎分1.5g)は、高炭水化物食の選手(毎分0.67g)よりも2.3倍高かったのです。

 

f:id:Arato003:20180414082900p:plain

 

 

また、炭水化物の摂取量が低いにもかかわらず、脂肪を燃焼している選手の筋グリコーゲン(安静時の炭水化物の貯蔵形態)は通常レベルだったのです。

長時間走る間、高炭水化物食の選手と比べて、ほぼ同じレベルのグリコーゲンを分解し、回復時に、同じグリコーゲン量を合成したというのです。

 

筋グリコーゲンは、激しい運動時のエネルギーをサポートする重要なエネルギー源であることがわかってますが、これは、高炭水化物食が重視されていたここ数十年に導かれたことなのです。

しかし、この研究結果から食事で炭水化物が制限されていても、グリコーゲンレベルを保つシステムがあるように思われます。

 

 以上より、炭水化物を制限することで長時間運動時の脂肪燃焼能力が高まり、脂肪からのエネルギーを効率よく使うことができるようになるかもしれません。

実際に炭水化物を制限しているアスリートも中にはいるみたいですね。

 

f:id:Arato003:20180414082805p:plain

 

 

炭水化物制限に関しては賛否両論ありますが、興味がある方は無理をしない程度で一度試してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 参考文献

Jeff S. Volek, Daniel J Freidenreich, et al.

Metabolic characteristics of keto-adapted ultra-endurance runners.

Metabolism (2016)

 

 

 

 

 

足が速くなる栄養素⁉

2018.4.9

 

 

こんばんは。

 

足が速くなる栄養素、タイムが縮まる栄養素はあるのでしょうか?

実際にそれを検証した研究結果があるので本日は紹介したいと思います。

 

若い女性に不足しがちなミネラルなどの栄養素を補充することにより、体力向上の効果がみられたというものです。

 

この研究では若年女性28人を対象に、その半数に数種のミネラルと栄養成分の混合物を1か月間摂取してもらった群(試験群)、残りの半数にはプラセボ(偽薬)を摂取してもらった群を比較しました。

 

ミネラルと栄養成分の混合物には、鉄・銅・亜鉛といったミネラルのほかに、2つの栄養素、カルニチンアミノ酸由来のビタミン様物質)、ホスファチジルセリン(リン脂質の一種)が含まれています。この2つの栄養素は細胞機能に必要で、体内でも生成されますが食べ物から摂ることもできます。

 

1か月後、試験群では中距離走(3マイル(約4.8㎞))のタイムが平均で約1分短縮したというのです(26.5分→25.6分)。また、エアロバイクを25分間漕いだ場合の走行距離がのびた(平均6マイル→6.5マイル)ほか、階段昇降運動の成績も向上した(平均40回→44回)とのことです。この変化は統計的に有意であり、プラセボ群には認められなかったのです。



以上のように、鉄・銅・亜鉛カルニチン、ホルファチジルセリンの混合物は足が速くなる可能性のある栄養素といえるかもしれません。

は牛赤身肉やレバー、カツオ、マグロ、ホウレン草、ブロッコリー、小松菜などに多く含まれています。体内で鉄が不足すると貧血を起こしやすくなるので注意が必要です。

 

は牡蠣(かき)、豆類、種実類に多く含まれています。体内で銅が不足すると貧血、骨異常、脳障害が引き起こされます。

 

亜鉛は牡蠣、レバーなどに多く含まれています。不足すると味覚障害や嗅覚の低下などの症状があらわれます。

 

カルニチンは食肉類、とくに牛肉に多く含まれています。不足すると、筋肉痛、低血糖脂肪肝といった症状がみられます。

 

ホスファチジルセリンは大豆に含まれています。しかし大豆にも非常にわずかしか含まれていないため、サプリメントの摂取が効果的と思われます。不足すると、脳の老化・痴呆・精神不安定な状態を引き起こします。

 

f:id:Arato003:20180409172644p:plain

 

ラソンで好記録をねらうためにも上記の栄養素を積極的に摂るのもいいかもしれませんね。

 

 

本日は以上になります。

ありがとうございました。

  

 

参考文献

Robert A. DiSilvestro, Staci Hart, Trisha Marshall, Elizabeth Joseph, Alyssa Reau, Carmen B. Swain and Jeason Diehl.  “Enhanced aerobic exercise performance in women by a combination of three mineral Chelates plus two coditionally essential nutrients”  Journal of the International Society of Sports Nutrition (2017 )